世界中を繋ぐ光ケーブル網

光ケーブルの生い立ちや歴史背景、そして技術者たち

大学校修了後、電工カンパニーに去年入社しました。部門はインフォメーション通信です。しかし、本当しているなあは光線ケーブルの埋設ばかりです。入社が決まった分には大半のなあが学べると思っていましたが、本当カンパニーは電工といっても殆ど電気に関わるなあありません。入社分から施工管轄なので自己で作業バリバリできるいわれでもないです。

まだまだこの部門でも学ぶなあはあるかと思いますが。キツイとは聞きますが、内線の体験もしてみたいとも思いたりします。このままこの部門にいても楽に定年まで働くなあはできると思います。

転任が避けられない。光線ケーブル埋設ばかり。地区の郷土での職業ばかり。アワー外手当が総額出ない。そこらまで給与がカンパニー的に高くなるいわれではない。

カンパニー自体の安定性。連休の多さ。仕事場の方達に恵まれている。などです。権利について、本年で電験3品種は獲得する未定でいます。電験獲得後、電気工事士を獲得する未定です。また、ネットワーク系では工務担任者統括品種を持っています。部門的に将来的には電気通信コミッショナー技師にチャレンジするなあになると思います。

このような内面で再就業を思いるならどのようなカンパニー(業品種・業種)があるでしょうか。関東に出たいという心持ちもあります。休暇出所やアワー外をしても構わないですが、総額給付してほしいです。また給与は現在より下げたくなく、第一は現地の職業でもゆくゆくは施工管轄から高みの職業がしたいです。高みという表わすが合っているかはわかりませんが。

現在の部門での雑役を活かせる職業にいい物があれば一生懸命続ける心組みです。ないのであれば、早く辞めたほうがいいのではないかと思いてしまいます。

分かりにくい問いで申し訳ありません。おそらく応答の内面にやりたいなあはないのか?と書かれるかもしれません。自己の思いは、稼げるのであればやりたくない職業でなければ、なんでもいいと思っています。

権利については今後目途をもっていらっしゃるので総力でがんばるべきだと思います。再就役するのであれば同業種が一番良いです。職歴を生かせますから。また途上採用になるので即戦力として期待もできます。ただ1年程での転勤になるとなかなか厳しいかもしれません。

畑違いの業種ではわざわざの権利も塵をかぶってしまいます。第一は実地でゆくゆくは施工管轄から上方の職業・・・という時刻でどのようなカンパニーが良いでしょうか。という質疑と撞着しています。

関東に出たいという心地ですがこのも第一から関東分野で就役活動すれば良かったのではないですか。休み出社や残業代の総額交付についてもこのは汝の思いは甘すぎます。そんなカンパニーは官公庁以外ではほんの一握りです。

給与は下げたくないといいますが転勤を繰り返すごとに基本的には賃金や余前提は下がるのが一般的です。1年での転勤ではましてです。

終わりになりますが「自己の思いは、稼げるのであればやりたくない職業でなければ、なんでもいいと思っています。」とありますが、このも権利や実地作業など望み~と撞着しており中小企業究めるの不満足と併せて汝の路線が定まっていないように思います。

ですのでもう1度自己の内部で思いを整頓した達が良いですよ。ここらが譲れないとかですね。そうしないとまた同じ結果になります。但し給与面については高望みはしないほうが絶対に賢明です。

技術者が重要な理由

電気工事会社社員から独立して電気工事職人を経て、今は防災関係の会社員です。転職の可否については、やる気次第という解答に尽きるので触れません。年齢的なハンデがあることは否めないので、行動を起こす前に1種か2種の免状の取得は必須と思います。

職の内容ですが、一口に電工と言ってもとても専門分化されています。大規模現場の光通信から架線、幹線、仮設、戸建専門の木造さん、分・配電盤専門や受電設備専門、果ては船舶専門の人や、家電サービスまで。どれも3年も頑張れば中堅になれると思います。普通に目にする求人で未経験で可能性があるのは、大規模な現場の内線工でしょうか。地域差などありなかなか断定的言えないことですが、都心部で未経験なら20万前半もらえれば良しではないでしょうか。その反面、電工では、相当な経験があって現場代理人クラスでも40万貰えていれば、電工界のサクセスストーリーです。

あなたの職歴のラインナップをからして見れば、最も過酷な仕事になる事は間違いないと思います。最後の最後まで他の影響を受ける電工は、竣工間際では家に帰れなくなることも珍しくありません。それに現場は8時には仕事開始なので、現場によれば朝4時起きとかも普通です。徹夜も当たり前。体力的にも覚悟が必要です。電工材料の現場上げも相当な体力が必要です。

同じ現場で稼ぐなら土工(土方)さんのほうが日当も労働時間も良いなと、惨めに思うことも当たり前でしたね。参考になればと思います。

最後に希望的な話をすれば、そういった下積みを経たのち会社を興したりして、社員に慕われて現場を指揮しているような人もいます。工事の幅が嵩じて、一人で家を建てる人も知っています。

光線ケーブルの複芯(2芯、4芯、6芯...)の使用方法。ある得意突端で敷地内工場間のLAN構築で、建屋間が200メートル以上あり、また野外を通す境涯のせいか光線ケーブルを運用したLANを構築するなあとなりました。

工場間ではPCは各各多くても4台度合いなのですが、急ぎであるせいかに現存購買済みの6芯光線ケーブルを張るとのなあでした。

ここらで問いなのですが、普通は1芯、または2芯の光線ケーブルを万本張ればいいのだと思うのですが、6芯あるというなあは、光線ケーブルを3台のメディアコンバータに連絡できると言うなあでしょうか。いろいろネットで調べても技術的な中身ばかりで、複芯のケーブルの利用法等の雑報がみつかりませんでした。

また、今度の折は1台のメディアコンバータに連絡してその突端に8ポートHUBを連絡するなあでよいと思うのですが、あまった4芯分は機器に連絡せずにブラブラと遊ばせておけばよいのでしょうか。

光線ケーブルと言われていますが、SONET/SDHとかATMとかなのか、このともEthernet間柄の光線か分かりませんが、当時の質疑からは Ethernet間柄だったような記憶がありますが、厳密にはどちらから抜くという決まりは無いと思います。装備の合格アラームに間柄する一部分やこのに間柄する装備の身動きを考えるとやはりRXから抜くべきでしょう。

RXが裁断されるのとTXが裁断されるのでは機器のアラーム間柄やこのに関する身動きが変わってきます。光線ケーブルを抜くという作業は物品理的な一部分での作業になるんですから、その作業をしている機器に物品理的な一部分に間柄するアラームが上がるようにする人が良いに決まっています。鍵としては、 REC(LOS/LOF)、AIS、RDI(FERF)とかでしょうか。Ethernet間柄でも使われていると思いますが。

また、論証の中途での指摘なのか、論証が終わって除去するところの作業での指摘なのかでも「なぜ」が変わってくる心機がしますけどね。というか、なぜ指摘されたところにその指摘した人物に質疑しないのでしょうか? 指摘するぐらいなのですから、ゆえんをちゃんと知っているはずです。

本務では無い個人物的な体験を旧にした諫めるなので、本務の技術者からみると間違ったねを言っているかもしれません。ほかの人の応答を見て、補充で確かに電源を落としてから作業・・・は支持出来る時でもありますが、微妙な時なんですよ。

私の上記のRX側からというゆえんを詳しく書いてしまいますが、電源を落としてしまうと、その装備にREC/LOSというジャンパ警報が上がってこなくなります。仮に発信側を抜いたとしても、FERF等の対面装備からの合格アラームも着電できません。つまり、正答のケーブルを抜いたとしてもその装備に警報が一切出なくなり、そのカットですぐに正答のケーブルかどうか決定出来ません。仮にに間違っている物品を抜いた折でも、その機器にアラームがでなければ間違っているとすぐに決定出来ますが、電源が落ちていれば実地でこのを確かめるする術もありません。NOC等ではほかの装備に関する警報は番は出来ているでしょうが、SNMP等での検出アワーやエラーの接続が来るまでの時間等を考えると、やはり電源を入れたまま光線ケーブルを抜く人が良いのではないかと思います。

また、こう考えさせる別個のゆえんとして、通信実業家のバックボーンのSDH/SONETやWDMなんかではMUX先の回線スピードは2.4Gbps、 10Gbps、約100Gbps単位での回線になるので、低速側の光線ケーブルの挿抜では「装備」の電源は落とせません。つまり、運用状態で光線ケーブルを抜くしか無いのです。

RX側が後というのは、この様な多重回線の遠距離用装備の折、RXが切れるとデータ系のTXを止めるという身動きがあったりします。切れた箇所によっては照り返す波浪でTXモジュールが壊れるプロバビリティーがあるというのがゆえんだそうで、TX側を抜くというのは照り返す波浪を極大にする行動であり、当然装備を壊すもとになるので出来ません。

例えば80km離れた時の対面装備のRX側、つまり即応装備にすればTX側を抜去するのは道筋で十分に減衰するので問題が無いのです。といっても、あのは高速側のモジュールの話で、低速側はあくまで局内連絡レベルの光線出力しか無いので問題はないのですが。

Ethernet間柄の光線モジュールについては、こういう性能がついているかどうかはまったく分かりませんが、1000BASE-ZXなんかは70kmとかの遠距離用のモジュールですので、こういう性能がついていても奇妙では無い心機がしますね。


since2010 © Your Vote Matters